インプラント向きって

インプラント適応条件

トップ / インプラント適応条件

インプラント非常時の情報

インプラントの適応症について

インプラントの適応症として年齢は顎の骨が成長していない子供は適してませんが、二十歳くらいの若い方からお年寄りの方まで受ける事ができます。血圧が高い方や心臓病、糖尿病、骨粗鬆症等の疾患を患っていない方が受ける事ができます。入れ歯が合わない場合、食べ物が思うように噛めなくなった場合、健全な両隣の歯を削りたくない場合、転倒等で前歯を追ってしまった場合、虫歯で歯を抜くようになった場合、入れ歯で取り外しが面倒で固定式の歯にしたい場合に健康状態に問題がなければ、インプラントの治療を受ける事ができます。歯が全くない状態でも受ける事ができます。

治療を行うための適応症の条件

インプラントは、総入れ歯や部分入れ歯の人や、入れ歯により発音や発声、食べ物を噛む際などに不便を感じている人、美容の面で見た目が自然な歯にしたい人などにとっては、自分の歯と同じような感覚で使用することができる画期的な治療法です。インプラントの治療を行う際には、全身的な病気や口腔内の感染症が無く、十分な骨が存在し、人工の歯を装着するのに適した歯並びとなっている、といった適応症の条件があり、これらの条件を満たしている場合には治療を行うことができます。なお、適応症の条件を満たしているかどうかは、治療前の検査により診断可能です。